menu

アロマテラピー検定は男性でも受験可能!気になる男女比

20181102121230640.jpg



アロマテラピーというと女性のイメージが強いかもしれません。
けれど、男性でも受験をすることは可能です!

そこで男性の皆さんが気になるのが男女比や、男性でもアロマセラピストの資格が取れるのか、男性がアロマテラピーの資格を持つ意味などかと思います。



AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターの私がお答えします!



アロマテラピー検定を始め、AEAJのすべての資格を男性でも取得できます!

AEAJにはたくさんの検定、資格がありますが、性別による受験制限は行なっていません。
つまり、すべて男性でも受験することが可能なのです。

私は自分が資格を取得するにあたって、2人の男性講師と出会いましたが、お二人ともアロマセラピストの資格をお持ちでした。



ただし、アロマセラピストの資格は実技試験があるため、スクールによっては男性は受講できないとしているところもあります。

もし近くに男性が受講できるスクールがなくても、諦める必要はありません。
新幹線や飛行機に乗って遠方のスクールに通われている方もいらっしゃいます。

要は自分がどこまで本気になれるか、ということです!





気になる男女比

すでに予想がついているかと思いますが、アロマテラピー検定の受験者の大半が女性です。
けれど毎回、どこの会場にも男性受験者がいます。
数は少ないですがゼロではありません!

数字として示すなら、AEAJの個人正会員の人数をご覧になった方が宜しいですね。



個人正会員はアロマテラピーアドバイザー以上のプロフェッショナルな資格を取得するにあたって必須となっている受験条件で、55,193名(2018年3月31日現在)の会員が在籍しています。

そのうち、女性は52,679名、男性は2,514名となっていて、構成比は女性95.4%に対して男性は4.6%です。



かなりの差があることがわかります。





男性がアロマテラピー検定や資格を取得する意味


では、なぜこのように差がつくのでしょうか?

植物や香りを題材にしていて、スピリチュアルな側面も持ち合わせているため、そもそもが女性的な検定、資格であるといえます。
アロマテラピートリートメントのお店を見てみても、女性セラピストが圧倒的に多く、お客様もまた女性が圧倒的に多いです。
男性セラピストを募集しているお店、男性客を受け入れているお店の方が珍しいくらいです。
これは、アロマテラピートリートメントのボディがほぼ裸になる施術なので、仕方のないことなのかもしれません。

また、アロマクラフトのワークショップでも受講者は女性の方がほとんどです。



それでは男性がアロマテラピー検定や資格を取得しても意味がないのかというと、それは違うとハッキリ言えます。



癒しに男女の違いは関係がありません。
日常の疲れ、病気やケガ、障害との付き合いの中で癒しを求めている男性は多くいます。

好きな香りを嗅いでリラックスすることができます。
ただ機会が少ないだけ。

それなら同性のあなたが検定や資格を取得して、香りで癒されたい男性の力になるのは素敵なことじゃないですか?

何も検定や資格が活かせるのは、アロマテラピートリートメントのフルボディだけではありません。
フェイシャルができます。
フットやハンドもできます。
アロマクラフトを作って、好きな香りに包まれながら手先を動かすのも楽しいです。



理美容、医療関係、福祉などアロマテラピーとは直接関係がない現在のお仕事に活かすことができます。
香りによるショップの空間演出や、会社の環境改善などにも取り入れられます。
また、講師として検定や資格対策を行うこともできます。

ご家族やお友達、自分自身のケアに役立てることだって。
私が出会った男性講師のお一人も、お母様を癒してあげたいというのがアロマテラピー検定を受けた理由で、その後自分自身もひどく落胆するできごとがあり、その時に癒されたのが精油の香りだったと話されていました。





男性がアロマテラピー検定を受ける意味はあります。
あなたもアロマテラピーの知識を身につけて、会社のスキルアップや、周りの方、自分自身の癒しに繋げてみませんか?



Relakuhealではアロマテラピー検定の無料テキスト&問題集、模擬テストなどをダウンロードしていただけます。
ぜひご活用くださいね!

応援しています。
関連記事



BLOG RANKING
この記事が参考になったらclickお願いします! いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment